平成の次は何になる?

平成の次は何になる?

平成という年号になったのが今から約30年ほど前の事です。

 

その当時は昭和の激動の時代から、平たく成るという意味もあるという事を聞いた覚えがあります。

 

たしかに昭和時代は始まってすぐに第二次世界大戦が起こりました。まさに激動の始まりです。その終戦を迎えるきっかけになったのが、原爆の投下です。これは世界のどこを見ても、今のところ日本が初めで最後の被爆国になっています。

 

そして戦後の復興と高度経済成長の時代に入りました。今でこそこんなにのんびりとした平和ボケともいえる時代になっていますが、まさに昭和時代は激動以外の言葉が適した時代です。そんなに目まぐるしい変化のあった時代を経て、今は平成の時代。次はどんな時代になるのか、期待もありますがそろそろまた激動に入るような不安もあります。

平成は様々な出来事の始まり

平成と言えば色んな出来事が始まった事が思い浮かばれます。私も平成2年生まれで、平成という時代に対して親近感を持っています。消費税の始まりは平成元年に始まりました。

 

消費税は今では8パーセントで当たり前になっていますが、始まった当時はとても日本国民は驚いたと思います。またバブルの崩壊も衝撃を与え、そこから日本の景気は不況に傾いていきました。

 

さらにベルリンの壁が崩壊した事も、世界中を驚かせましたが、これは平成元年の事でした。ベルリンの壁が崩壊した時は一時代の終わりと思った方も多い事でしょう。世界情勢は冷戦の終わりから、国際協調社会に差し掛かっていきます。このように平成という時代の始まりは衝撃の連続だったかと思います。