平成の年号について思うこと

平成の年号について思うこと

みなさんも平成の年号になってもう30年近く経ってもう平成が新しい元号という感覚に
ならない人も多くなっていると思います。

 

ですから、ひと昔前みたいに平成生まれの人が成人になって驚く事もなくなっているかと思います。でも、やはり昭和の時代にどっぷり浸かった人は平成生まれの人に未だに衝撃を受ける事もあります。

 

でもそういう人ももういい加減平成生まれの人に衝撃を受けないようにした方が良いです。

 

なぜなら、もう平成になって30年近くになるので平成生まれが成人になるのも全然普通だからです。

 

ですから、これから平成生まれの人が成人になってもその人が平成生まれである事に驚かない方が良いです。そうしないと若い人に笑われます。

 

いつの間にか昭和から平成へと変わっていました。

昭和から平成へ変わった時のことはあまり覚えていません。

 

昭和生まれではありますが、まだまだ小さかったので、元号が変わるということに興味が無かったんですよね。気が付いたらいつの間にか平成になっていたという感じです。

 

なので、昭和と平成の違いもほとんど感じていません。よく昭和は良かったという話を聞きますが、私はそんなことを感じたことはありません。

 

十分平成で満足しています。私と同じくらいの年齢の人はそうなのではないでしょうか?三〜四十代で昭和をべた褒めする人はあまりいない気がします。

 

今後も元号が変わる可能性は高いですが、きっとこんな感じでとくに何の感情もないままなんでしょうね。ある時代に特別強い思い入れを持てる、そんな人が少しうらやましく感じます。